ゲストからよく聞かれること ②マダンリゾートってどんなとこ?〜前編〜

今日は雲ひとつない快晴のマダン。

今日は海へは行かなかったので、

ゲストによく聞かれることについて答えようと思います。


マダンリゾートってどんなところ?っていう質問は多分なかったと思うんですけど、

マダンに行こうと思ってる!って人がいたら気になりますよね。


これ説明してたらかなり長くなると思うので、前編と後編に分けます。


マダンの位置、日本からの行き方は以前来られたゲストの方のブログが

ゲスト目線で超絶わかりやすいので、そのブログのリンクを貼らせてもらって

割愛します!(手抜き)

パプアニューギニア マダン ダイビング旅行記 行き方編


マダンリゾートはマダン空港から15分

カリボボビレッジという長期滞在者用のリゾートも同じ敷地内にあり、

それらもひっくるめてスタッフはマダンリゾートと呼んでます。

客室数はトータル200もあるパプアニューギニアで最も大きなホテル。

ちなみに僕はダイブショップの隣、#80に住んでます。


もともとはマダンで林業に勤めるドイツ人のためのゲストハウスだったそうで、

そのルーツも含めると120年もの歴史を持ちます。

そして今のオーナーSir Peter Baterはおよそ40年前に買い取ったそう。


Sir Peterはオーストラリア人ですが、

PNGで大臣に就任したこともあるPNGやオーストラリアでは有名人。

Wikipediaにも載ってますよ。

現在76歳ですが、クルーズ船やヘリコプターも操縦したり、時には芝刈機も運転しちゃうほどめちゃめちゃ元気です


と紹介はここまでにして

今回は写真メインで敷地内のイメージをお伝えします。

マダンリゾートって一言で言うと

植物園です。


なぜって・・・

リゾートの一部なんですが、いかにも植物園。

でも芝生やヤシの木に囲まれてるとなんだかヒーリング効果がありそうなくらい

癒されませんか?

見たことのない花もたくさん咲いてます。

緑に囲まれて且つ海の目の前というナチュラルで落ち着いたロケーションです。


海を見渡せば、目の前にはクランケット島

人は住んでるけど電気も通ってないワイルドな島

結構大きな島なんですが、Google Mapに出てきません。

マダン海岸沿いを見るとわかるんですが、

海底が隆起してできたような岩場でできてるんです。

だからマダンリゾートにもビーチはなく、護岸造りになってます。

でもここサンゴが綺麗だし、透明度も良いので侮れません。

スノーケリングに最適です。



園内、いや敷地内には木登りカンガルーもいますよ。

草食なのでその辺の葉っぱあげると食べます。


オウギバトやカンムリバトと呼ばれるピジョン。

PNGの固有種です。

ポケモンのピジョンってこいつが由来なんだーと

調べた時に納得。ちなみに飛べません。

日中はこんな風に放し飼いにしてます。

木がたくさん生えてますけども

マンゴーの木がいくつか生えてます。

今はマンゴーの季節なので、ある程度熟したマンゴーが

下に落ちてきます。

園内では、敷地内では落ちたマンゴーは食べ放題。

ありんこよりも先に取ればですが。


プールは25mプールで大きいです。

海水プールなんですが、理由は塩素がない分環境と身体にいいんだと言ってました。

オーストラリアじゃそれは普通なんだそうな。本当かなぁ?

奥の小さいプールは真水です。



こちらはフロントオフィスのある建物。

このブログの一番上の写真の建物の内観です。

今はいろいろと使われてない部屋が多いです。

フロントオフィスです。

海のアクティビティはダイブショップにお問い合わせですが、

それ以外のことはフロントオフィスが受け付けます!

ジムやビレッジツアー、テニスなどなど


かなり簡単ですが、イメージこんな感じです。植物園しか頭に残らないかもしれませんが。

海でも見ながらビール飲むとか

拾ったマンゴーでも食べながら(笑)、のんびりお過ごしください。

お部屋の中はまた次回紹介します!



パプアニューギニア・マダン

マダンリゾート

ニューギニダイブアドベンチャー

TAKA


Niugini Dive Adventures/ニューギニダイブアドベンチャーズ

Niugini Dive Adventures(NDA)はパプアニューギニア・マダンリゾート併設のダイブショップです。

0コメント

  • 1000 / 1000