バガバグ島の調査

昨日は体験ダイビングでピッグ島へ行ったら、

ここ最近雨続きだったこともあり、

おとといバガバグ島に行ってたから余計に透明度のギャップを感じてしまいました。山口です。


昨日はクルーズ船KALIBOBO SPIRITでバガバグ島へ調査へ行ってきました。

バガバグ島はマダンリゾートから北東沖にある島です。

確か60km離れてるって言ってたかな?

クルーズで実に約4時間かかりました。

隣のカルカル島は火山の島で人も住んでます。バガバグ島同様にダイブサイトがあります。

バガバグ島には村がいくつかあって、2500人ほど住んでるらしいです。

島の周りを見ると、島を囲むようにバリアリーフが確認できます。

あくまで推測ですが地形変動でドーナツ型に島が沈降し、

中央部の火山とドーナッツの外側のサンゴ礁が残ったのでしょう。

そのバリアリーフが絶好のダイブサイトとなっているようです。


今回クルーズに乗っているのはみんなオーナーの家族なんで家族旅行に混ぜてもらったような気分。

孫たちもダイビングするということなんで調査兼ガイドでした。

水面から見るとマダンでは見たこともない海の青さでした。

一度カレントチェックでリーフの上に入ると、透明度は40mほどありました。

これで晴れてたらどんなにきれいなのか・・・



ワクワクしながら潜降すると、流れのない時期でも外洋の島のリーフなだけあって

流れがそこそこ。進めないほどではありません。


ドロップオフに降りると、こんな感じ

フュージラーの群れが凄まじく多く、

まるで早送りで魚が動いているように見えました。

グレイリーフを泳いでる途中何度も見かけました。

バラクーダポイントではグレイリーフがいるとハンマーもいる可能性大なので、

もしかしたらもっと深場にハンマーがいるかもしれませんね〜

サンゴも大きくて元気そう!

透明度は抜群良くて、この透明度でこんなだけ魚いれば、退屈時間は1秒たりとも無いですね!


これからはこのバガバグ島へ日帰りで行くことができるのですが、

最少催行人数4名

波ほぼなし

中性浮力余裕な人

の条件をクリアすれば計画できそうです。

一番は海況なので、現地でのリクエストベースになります。


とりあえず、また調査を続けていく次第であります!



パプアニューギニア・マダンリゾート

ニューギニダイブアドベンチャーズ

TAKA

Niugini Dive Adventures/ニューギニダイブアドベンチャーズ

Niugini Dive Adventures(NDA)はパプアニューギニア・マダンリゾート併設のダイブショップです。

0コメント

  • 1000 / 1000