秘境の秘境へ THE QUARRY編

昨日に引き続き、ノースコーストのダイブサイトの調査をお伝えします!


USS BOSTONでの1本目が終わり、水面休息。

沈船の平均水深30mだったためダイブタイムは25分でした。

今日聞いたところUSS BOSTONは第二次世界大戦中に沈んだ船でした。

スクリューのトラブルで船が動かなくなり、海況も荒れていたため、

船体が波でコーラルリーフに打ち付けられたそうです。だからあんな沿岸部に沈船があるのですね〜



次に潜るのはTHE QUARRYというポイント。

これもBUNU村から行けるとのことで、車を少し移動させて、休憩。

この村の人たちすごくフレンドリーで優しいので車で来るのも捨て難い。

子供たちもカメラ向けるとめっちゃ喜びます(PNGあるある)

ポイントの外観はこちら。

エントリーの環境はBOSTONよりはだいぶマシです。

ただ巨大な流木が流れついてたり、周りがジャングルだったりと本当に手付かずといった感じ。うちのスタッフも潜りに来るのは5年ぶりだそう。

でも村の人たちもこれから日本人が来るなら綺麗にしておくよ!

と優しいお言葉。でもある意味新鮮だしこのままでいいかも。

エントリーするとここもドロップオフになっていて、

地形がビーチから潜っているとは思えないほど。IOPの2の根、3の根を思い出しました。


グレイリーフシャークはもうここの定番のようです。普通にいます。

にしても5年も潜っていないだけあって魚影が凄まじく濃い!

この写真では分かりにくいのですが、奥にはもっともっと

もーっと

いますから!

イエローフィンのバラクーダがいるよーとは聞いてましたが、

村の人たちは何で水深25mもの深さにいる魚を知っているのか。

ピックハンドルバラクーダ小群体が2、3ぐるぐると回ってくれました。

と、見ていたら、

ピーターが唸りだしたので振り向いたら

2m弱のタマカイ3匹!!!!

一度に現れたんでこれはもう、感動でしたよ。

図鑑で見たのよりずっと太い!こいつらを持ち帰ってマダンリゾートで100人くらいパーティーしても余りそう(笑)


世界最大のハタ、タマカイは体長3mにもなるそうです。

個体数が非常に少なく、オーストラリアでは捕獲禁止。

絶滅危惧種に登録されているんだとか。

それが1度に3匹!?

アメイジングマダン

THE QURRYはいわば岩の壁です。

ソフトコーラルにこれでもかと覆い尽くされています。

大物も見所ですが、地形も見ごたえあります。

凄まじい魚影に、成長の限界を超えてきたようなサンゴ、

生命のパワーを感じます。こういう景観こそが手付かずで、PNGらしいんじゃないかなと

僕は思います。

ミズガメカイメンと呼ばれるカイメンも巨大すぎる。。。

モンスターみたい。

浮上。



道はガタガタ。秘境中の秘境を通って、

我々はまた次のポイントへ向かうのでした。

続く!!


パプアニューギニア・マダンリゾート

ニューギニダイブアドベンチャーズ

TAKA

Niugini Dive Adventures/ニューギニダイブアドベンチャーズ

Niugini Dive Adventures(NDA)はパプアニューギニア・マダンリゾート併設のダイブショップです。

0コメント

  • 1000 / 1000